ボーカロイドソフトのインストール

ボーカロイドソフトのインストール ボカロ投稿完全マップ
この記事では
  • ボーカロイドのソフトってどうやってインストールするの。
  • どれを選べばいいかわからない・・・。
  • まだ決めかねているので無料で使ってみたい。

こんな悩みをお持ちの方向けです。

こちらの記事はシリーズものになっておりますので下記の記事をまだご覧になっていない場合は合わせてご確認いただければと思います。

ついに歌わせる合成音声ソフトを選ぶ段階に辿り着きましたね。本記事を執筆する際に今あるボーカロイド、というか合成音声ソフトを調べてみたのですが、今って星の数ほどありますね。気になる方は下のホームページで確認してみてください。

>>合成音声一覧

それでは合成音声ソフトを手に入れるべく、進めていきましょう!

選ぶ決め手

と、その前に手に入れたい合成音声のキャラクターは決まっておりますでしょうか。まずキャラクター以前にも大きな括りとしてVOCALOID、Cevio、Voi Sona、Synthesizer V、UTAU、etc…と多くあって、これたそれぞれにたくさんのキャラクターが所属していることになります。”絶対これだ!!”と決まっていれば良いのですが”んー迷ってるぜぇ”という人は決める手助けになってくれればと思います。早速ですが、決める場合は下の優先度で決めてゆくのがオススメです。

  1. 歌声が好き
  2. 多くの人が使っている
  3. 一つのソフトに好きなキャラが複数所属している
  4. 価格

それぞれについて説明していきます。

歌声が好き

“歌声が好き”であることが圧倒的に一番です。なぜか。曲を作成している段階で繰り返し何度も聴くことになるからです。やはり好きな声を聴いていた方が曲のために頑張れる、モチベーションも上がる、なんといっても打ち込みが終わって初めて聴く時の感動が大きからです。余談ですが3つ目の打ち込み後に初めて聴く時の感動は本当に良いもので、このためにボカロ曲を作っているといっても過言ではありません。まぁそこを一番にしてはあまり良くないのでしょうけど笑

もし好きな声が思い当たらない場合、または複数の内の一つを選ばないといけない場合は”長時間聴いてもイヤになりそうにない歌声”を選びましょう。長時間の作業で歌声を聴いてテンションが下がってしまったら悲しすぎますからね。

ということで一番の判断基準は”歌声が好き”が良いかと思います。

多くの人が使っている

多くの人が使っていることも判断基準として良いと思います。まぁ先ほど挙げたものであれば大体大丈夫かと思いますが、周りや憧れの人が使っているソフトを選ぶのは良いかと思います。その方が見聞きしているだけで情報が多く入ってくるので、その分上達が早いからです。こういう目線でも一度考えてみるのもありかと思います。

一つのソフトに好きなキャラが複数所属している

もし複数のキャラクターの合成音声を所持したい場合はどのソフトに使いたいキャラクターが多く所属していることも重要です。使用するソフトが増える度に手間、お金、時間、覚えることが増えます。それらを少なくする、という目線でキャラクターを選ぶのもありだと思います。

価格

価格をなぜ4つ目に持ってきたかというと、こればかりは人によって大きく価値観が変わると思うからです。1つ目で考えても良いと思います。無料で使えるUTAUもありますし、期間限定で無料で使用できるものもありますし、それでも良いものはたくさんあります。もちろん有料だから無料だからどちらが偉いとかもないので、それぞれの懐事情で考えるのが良いかと思います。

ただボカロ曲で一番を占めるのは合成音源なので他のプラグインか好きな合成音声を買うかで迷っていたら合成音源を購入した方が後々気持ち的に良いのでは、と個人的に思います。

ボーカロイドのインストール

どれにするかは決まりましたでしょうか。本記事では”VOCALOID 6″のキャラクターで進めていきます。なんせ”ボカロ曲投稿の完全マップ”というタイトルで執筆してますからね。一昔前にVOCALOID以外の合成音源が出てきた時に”それはボーカロイド曲なのか”みたいな議論があって、結論はどうなったか知りませんがVOCALOIDに属しているキャラクターしかボカロ曲と言わないように気をつけています。ただ”Synthesizer V”は気になっているのでどこかで記事にする予定です。

今回は”VOICALOID”の体験版を利用しますが利用期間が31日しかないので気をつけましょう。その内にササッと曲を作って、触った感じでどの合成音源をお迎えするか考えていくのも良いですね。

さて、体験版はこちらから取得しましょう。

>>VOCALOID 6 体験版ダウンロードページ

サイトに移動したらまずは”新規会員登録”をクリック。

そうしたら”VOCALOID ID登録”に進みましょう。

プライバシーポリシーは確認しつつも同意します。

情報入力画面になりますので入力して進みましょう。その後、確認画面が表示されるので間違いがないか確認して先に進みます。

下図の画面まできたら登録したアドレスにメールが来ているか確認しましょう。

メールボックスに下図のようなメールが来ていると思うので、URLにアクセスして本登録を完了させます。

本登録が完了するのでログインに進みましょう。

ログインを求められるので先ほど登録した内容でログインをします。その後、左上の”VOCALOID6″から”体験版ダウンロード”を選択します。

するともはや懐かしい画面が表示されます・・・。ササッと自分のOSにあったインストーラーをダウンロードしましょう。本記事では”macOS”で進めます。

ダウンロードしたインストーラーを開くと二つ”dmg”ファイルが入っているのでまずは”VOCALOID6_Editor_6.1.0.dmg”から開いていきます(Windowsはexeファイル)

開くといつも通りpkgファイルがあるので開きます。

何やら聞かれることもあるかと思いますが、許可、はい、とイエスマンの気持ちで進んでいきます。インストール先も選べないようなので一本道です。難なく完了ですね。完了した後にインストーラーをゴミ箱に捨てて良いか聞かれると思いますが捨ててしまって大丈夫です。

※もう一つのファイルも同様の流れなので割愛します。

インストール後の確認

※この先は試用期間(31日)を消費してしまうので、ご了承の上、お進みください。

では本当にインストールされているかDAWのプロジェクトを開いて確認してみましょう(DAWはStudio Oneを使用しています)

“インストゥルメント”を確認してみると・・・ありましたね!”VOCALOID”!

早速トラックを追加してみると・・・認証されていないと。まだ購入してないので”試用する”を選択して進みましょう。

ほうVoideが認証されていないと。シリアルコードは購入しないと手に入らないので”いいえ”をクリックしましょう。

すると下図のような画面が表示されるのでトラック名(何でも大丈夫ですが半角ローマ字が良いと思います)を入力して作成しましょう。

するとこんなにカッコイイEditorが!いやぁテンション上がりますね!

と、良いところで本記事は以上です。次回の記事で実際に打ち込んでいきましょう!楽しみ!

Audiostockというサイトで楽曲を販売しております。視聴もできますので是非覗いてみていただけると幸いです。

AudiostockでBGM・効果音を販売中!

AudioStockの登録はこちらから↓

BGM・効果音 使い放題 定額制スタンダードプラン Audiostock BGM・効果音 使い放題 定額制動画配信者プラン Audiostock

コメント

タイトルとURLをコピーしました